総量規制対象外のカードローンでお金を借りる

総量規制対象外のカードローンでお金を借りる!おすすめは?

カードローンの申込は消費者金融や信販会社、銀行などで申込ができます。ただ、お金を借りる時はどこでも同じではなく、消費者金融系と銀行系では総量規制が大きく影響してきます。

 

総量規制はキャッシングにどのような影響があるのかを知っておけば、おのずと申込先が決まってきます。

 

総量規制は貸金業法だけ

2010年の改正貸金業法の施行によりで、総量規制が完全施行となりました。総量規制とは、消費者金融や信販会社が融資出来る上限を決めたもので、基本的に融資限度額は年収の3分の1以内になります。

 

たとえば、年収が300万円の人が、消費者金融でお金を借りる場合、借入合計は100万円以下になります。

 

総量規制は消費者金融や信販会社が守らなければならない法律で、借入希望額が50万円をこえる場合や、他社で借入が有る場合、その借入残高と借入希望額の合計が100万円をこえる場合は、収入の証明になる源泉徴収票や納税証明書、直近の給与明細書などの書類の提出を求めて、年収の3分の1を超えて居ない借入か確認する事が義務付けられています。

ただし、借入希望額が50万円以下の場合は不要です。

 

総量規制対象外の商品もある

消費者金融のローンすべてが総量規制の対象になるのではなく、「おまとめローン」や「配偶者貸付」「事業主ローン」などは規制の対象外になります。

 

総量規制は、基本的に年収の3分の1を超えた融資は出来ませんが、これらの商品は年収の3分の1を超えてもよく、審査で超えた部分の返済が出来ると判断した場合は年収の3分の1を超えても融資が受けられます。

 

制度が有っても利用できない事もある

これらの商品すべてが利用できるわけではありません。基本的に消費者金融でお金を借りる時は年収がなければ借りられませんが、たとえば「配偶者貸付」のように、無職の専業主婦に対する貸付となる商品があります。

 

過去3年以内の消費者金融やクレジットカードでの借入経験者の利用目的は「生活費不足の補てん」というのが最も多く、派遣社員や契約社員、パート、アルバイト、専業主婦の回答が多いことがわかっています。

 

消費者金融は専業主婦のように収入のないかたは原則として申込ができませんが、総量規制には規制外になる「配偶者貸付」があります。

 

「配偶者貸付」は無収入の専業主婦が借入をする時は、配偶者の年収と合わせた合計の3分の1までなら借りられるという商品です。ただ、この商品を利用するには、配偶者の同意を得る必要が有り、申込は配偶者の名前になるので、家族に内緒でというような借入は出来ません。

 

さらに「配偶者貸付」は調査などに時間がかかり、採算が取れないという事から、大手消費者金融ではほとんど廃止または中止しています。ですから、制度が有っても利用できないというのが現状です。

 

総量規制対象外のメリット

銀行は銀行法に基づいて事業をおこなっているので、貸金業法の適用はされません。そのため銀行は、それぞれが独自の審査基準を設け、その基準に基づいてお金を貸出すので、審査で貸してもよいと判断すれば年収に関係なく融資が受けられます。

 

ですから、銀行カードローンの融資限度額が800万円や1,000万円というような高額融資が可能です。

 

専業主婦も借りられる

また、収入のない専業主婦が消費者金融でキャッシングを申込む時は、本人名義でお金が借りられない事や、個人名義で借りられない事は先に述べましたが、銀行カードローンは、年収に関係がないので、無収入の専業主婦でも申込ができる商品を扱っている銀行があります。

 

たとえば、三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は30万円まで、みずほ銀行カードローンは30万円、イオン銀行カードローンは50万円、ソニー銀行カードローンは50万円まで融資が可能という商品が用意されているので、総量規制の対象外の銀行カードローンなら安心して申込が出来ます。

 

主婦だからといって、特別に優遇される訳でもなく、審査は一般の申込と同じで、審査条件に当てはまらないと審査には通りません。

 

気がつきにくいのはクレジットカードなどで買い物をする機会が多いと思いますが、審査は信用情報機関の個人情報を調べます。

 

利用履歴にクレジットカードや携帯の分割払いで遅延などが記載されていると、審査に通るのがきびしくなります。お金を借りようと思えば、日頃から延滞などを起こさず、支払日にはきちんと返済を続けることが重要です。

 

このようにキャッシングは、総量規制によって借入方法や金利、融資限度額などが大きく違ってくるので、最初に総量規制の対象になるのか、対象外なのかを確認しておく事が非常に重要になります。

 

年収による借入制限や融資限度額、収入証明書類の提出の有無、専業主婦が申込めるかなど、消費者金融系と銀行系では大きな違いがあるので、自分にとってどちらが有利かを比較してから申込先を決める事が肝心です。