おまとめローンで借金を一本化

おまとめローンで借金を一本化!抑えておきたいポイントはココ

キャッシングを利用している人の中には、複数社で借入をしてしまい、返済のお金を用意する事だけで頭が一杯になり、仕事どころではないという状況になっている人もいます。

 

そんな状況から抜け出すために役立つのが「おまとめローン」で、おまとめローンでうまくまとめられれば、借金地獄から解放さるという金融商品です。現在、複数社からの借入で悩んでいる人は「おまとめローン」で借金の1本化を検討してみてはどうでしょうか。

 

まとめる前にチェックする事

おまとめローンには、多くのメリットがありますが、まとめられるのならどこでもよいと言うわけではありません。どこで借りるかの検討もせずに申込をすると、思っているような結果にならない事も有ります。

 

おまとめローンはメリットだけでなくデメリットもあるので、「おまとめローン」の特徴を、よく理解したうえで申込をする必要が有ります。

 

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットは「複数あった煩わしい返済日を1日にまとめられる」「まとめる事で金利が下がり、総返済額が下げられる」「新たな返済計画が立てられる」という事がメリットになります。

 

おまとめローンを利用して、現在の苦しい生活から抜け出すには、借入状況を把握する事や、まとめた場合に、毎月いくらまで返済できるのか、金利はどれくらいまで下がるのかなどをチェックしておく必要があります。

 

まとめる前にチェックしておきたい事は、

  • 借入は何社から、どれくらいの借入をしているか(各社ごとに)
  • 現在各社へ毎月いくら返済しているのか、また返済期間はどれくらいか
  • それぞれの借入はいくらの金利で借りているか

というように、現在の状況を具体的に書き出してみましょう。

 

おまとめローンにはデメリットもある

消費者金融の「おまとめローン」を契約すると、現在の借入金額は、おまとめで借りたキャッシング会社から、借入れしているキャッシング会社に一括返済します。「おまとめローン」で借りた後は返済だけになり、ほとんどの場合、完済が終わるまでは新たな借入ができない契約になることが多いです。

 

「借金はもうこりごり」という方には適していますが、「返済期間中に借入が必要になるかもしれない」という方は、銀行カードローンでまとめる方がよいでしょう。

 

「おまとめローン」の商品を用意している銀行は少ないですが、一般のカードローンでも金利が低いので、通常のカードローンをおまとめローンとして利用できます。銀行カードローンでまとめて返済を続けて、限度額に余裕ができれば、その範囲内なら借入が出来るので、そういった人には銀行カードローンがおすすめです。

 

新たな返済計画を立てる

おまとめローンで借り換える場合、新たな返済計画が立てられます。新たな返済計画を立てる時に間違ってはいけないのは「毎月返済額を少なくして楽な返済を続けたい」という計画を立ててしまう事です。当然複数社の借入をひとつにまとめて1社だけへ返済すれば、毎月返済額は下げられますが、返済額を少なくし過ぎると、返済期間が長くなります

 

その結果、金利を含めた総返済が今の総返済額より多くなる事があります。そうなると、まとめる意味がなくなってしまいます。

 

キャッシング会社のホームページに「返済シミュレーション」があるので、それを何度でも利用して、今以上に返済額が増えないよう計画する必要があります。返済シミュレーションを利用して、返済期間を決める事で毎月返済額が解りますし、毎月返済額を入力すれば返済回数が解るなど、毎月返済を想定して何度でもシミュレートすることで、自分の状況に合わせた返済計画が立てられます。

 

おまとめは借入先を減らす事が重要

おまとめーローンは借入先が4件以上あると、審査に通るのが難しいと言われています。そのための前処理として借入先を減らしておく必要があるので「ぷちおまとめ」で借入件数を減らしておきましょう。

 

「プチおまとめ」は、現在借入をしているキャッシング会社で先にまとめておき、借入件数を、3件以下に減らすという方法です。

 

「プチおまとめ」でまとめる方法は、現在利用中のキャッシング会社へ「借入件数を減らしたいのでまとめられないか」と電話で申込します。

 

それに応じてもらえれば、借入先を減らすこともできるので、おまとめローンを申込む前に「プチおまとめ」で借入件数を減らしておきましょう。

 

最悪任意性理も視野に入れて考える

消費者金融から長期間キャッシングでお金を借りている場合、法定金利以上で返済を続けていた方もおられます。間違ってはいけないのは、おまとめローンは借金の借り換えをして、一つにまとめるという事で、借金が減ったわけではありません。

 

借金を減らすには任意整理なども視野に入れて考える必要が有ります。任意整理などをしてしまうと、キャッシングに限らず、すべてのローンやクレジットの申込が5年から7年は申込ができなくなります。

 

任意整理をしたいと思ってもキャッシング会社がそれに応じてくれるかどうか解りません。それらも含めておまとめローンがよいのか、任意整理がよいのか、一度弁護士などに相談してみるのも、借金を減らす為のひとつの方法です。