学生がお金を借りるならどこがよい?

学生でもお金を借りられるの?

 

学生生活の中で、「次のバイト代が入るまで生活費が足らなくなりそう」とか「卒業旅行に行きたいけど、就活で貯金を全部使ってしまった」というような事があります。

 

そんな時は、学生でも消費者金融のキャッシングや銀行カードローン、学生ローンでお金を借りることができます。

 

お金を借りる時は、どこで借りるかを決めなければなりませんが、それぞれに特徴があるので、良い点や悪い点を理解したうえで決める必要が有ります。

 

学生ローンでキャッシング

学生ローンとは、学生専門のキャッシングサービスの事で、学生ローンは、審査に通りやすいという特徴があります。申込条件は年齢20歳以上の学生で、安定した収入がある事が条件になります。お金の利用目的は何に使ってもよく、学生ならではの就活やサークル活動、合コン、飲み会など何に使ってもよいですし、学業や学費のために使わなければいけないという事はありません。

 

学生ローンで借りる時は親の同意も(連帯)保証人必要ありません。ただし、ハッキリいって学生ローンはサービスとしての使い勝手は悪いです。学生ローンには自動契約機がないので、平日15時までに契約しなければなりません。コンビニATMからお金を引き出すこともできませんし、借りたその日から利息が掛ります

 

審査で必要になるのは

学生ローンでお金を借りる時も審査があります。この審査で「本人確認書類」を提出する必要が有ります。本人確認書は学生証と運転免許証や健康保険証、パスポートの2点です。

 

消費者金融や銀行カードローンで審査を受ける時は、学生証の提出は必要ありませんが、学生ローンで借りる時に、学生証を提出するのは「本当に学生なのか?」「どこの学校なのか?」をチェックするために求められます学生証を提出しなければいけないのは学生ローンならではといえます。

 

消費者金融と比べて金利が低い

大手消費者金融の「プロミス」の金利は4.5%~17.8%、アコムの金利は4.7%~18.0%、「アイフル」は4.5%~18.0%と、上限金利はほぼ18.0%近くに設定されています。一方、学生ローンで名前がよく知られている「イーキャンパス」は14.5%~16.5%、「アミーゴ」は14.4%~16.8%となっています。

 

上限金利を比較すると学生ローンの方がわずかですが、同じ借入でもわずかですが利息の支払いが少なくなります。

 

たとえば、5万円を1年間借りた時の利息を「イーキャンパス」と「アコム」を比較すると、

 

イーキャンパスの利息は5万円×16.5%=8,250円
アコムの利息は5万円×18.0%=9,000円

 

となり、その差は1年間でもわずか750円だけしか変わりません。

 

ですから消費者金融と学生カードローンでは数字を見ると確かに差が出ますが、利息計算をするとほとんど一緒と考えてよいでしょう。

 

学生ローンの下限金利が高いのは、融資限度額が50万円、80万円と低いので下限金利は消費者に比べて高く設定されています。

 

使い勝手は消費者金融や銀行カードローンが便利

お金の借入先で学生カードローン以外は消費者金融のキャッシングや銀行カードローンがありますが、安全面からみても学生ローンは少し劣ります。消費者金融や銀行カードローンは、無人契約機があり、夜遅くでも契約することができます。そのため、急にお金が必要になった場合でも、申込をしたその日にお金を借りる事が出来ます。

 

また消費者金融や銀行カードローンの借入はカードを使って、提携コンビニATMから24時間いつでもお金が引き出せるという利便性に優れています。このような理由を考えると、お金を借りるのであれば、学生ローンより消費者金融や銀行カードローンの利用をおすすめします。

 

今すぐお金が必要な時は消費者金融をおすすめ

学生ローンでお金を借りる時は、振込みキャッシングになります。

 

という事は、銀行口座に入金が反映されなければ、お金を引き出すことはできません。

 

お金の振込が銀行の営業時間である15:00を過ぎると、引き出せるのは翌営業日になります。さらに金曜日の15:00以降にお金が振り込まれても、引き出せるのは翌週の月曜日になってしまいます。すぐにお金が必要と言う時でも、タイミングによって必要な時にお金が使えないという事が有ります。

 

消費者金融や銀行カードローンの場合は、24時間365日いつでも入金が反映される「提携銀行」が利用でき、提携銀行がネット銀行の場合は365日24時間いつでもお金が引き出せます。また、ローンカードを利用すれば、提携コンビニATMから24時間何時でもお金が借りられます。

 

今すぐお金を借りたい時は、学生ローンよりも消費者金融や銀行カードローンの方が確実に借りる事が出来ます。

 

おすすめは消費者金融や銀行カードローン

このように「学生ローン」と「消費者金融」を比較すると、融資までのスピードや提携ATMでの引出しなどを含め、消費者金融や銀行カードローンを使った方が、圧倒的に便利です。

 

特に今日中にお金を借りたい場合は、消費者金融で借りる事をおすすめします。