収入証明不要でお金を借りる

収入証明不要でお金を借りれるの?

消費者金融のキャッシングや銀行カードローンの申込をする時、収入証明書類の提出を求められることがあります。

 

収入証明書類とは、文字通り、収入を証明する書類の事です。

 

この収入証明書類は、キャッシングやカードローンの申込で必ず必要になるのかと言えば、そうではありません。収入証明書類が必要になるのは、借入希望額によって提出を求められるので、どんな借入希望額でも提出しなくても良いという事はありません。

 

収入証明書類とはどんな書類?

簡単に言えば、借入申込み者の返済能力がどれくらいあるかを、金融機関や消費者金融などが確認するために必要とされています。

 

借入希望額どおりに貸してしまい、後から申込み者に返済能力がないと判明した場合、大きなダメージを負うのはキャッシング会社です。そうしたリスクを避けるためにも、各種金融機関や消費者金融は、それぞれ独自の審査システムを持ち、借入申し込み者の返済能力について審査を行うのです

 

収入証明書類として何を提出すればよいかは、金融機関によって違ってきますが、基本的には年収や月収の金額が掲載されている最新のものになります。

  • プロミスの場合、源泉徴収票、確定申告書、税額通知書・所得証明書、給与明細書など
  • アコムの場合  源泉徴収票、確定申告書、給与明細書、市県民税決定通知書など
  • モビットの場合 源泉徴収量、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書など

どれか1点、写しが必要となっています。

 

消費者金融で提出する条件はみな同じ

2010年貸金業法の改正が行われ、総量規制が完全施行となりました。

 

総量規制とは、消費者金融や信販会社に適用される法律で、業者がお金を融資する時の限度額は、年収の3分の1以内と制限されるようになり、これまでのように貸せる人にはいくらでも貸し出しするというような過剰融資を防止するための法律です。

 

借入限度額は年収の3分の1以内と制限されるようになったことから、申込者の借入希望額が年収の3分の1を超えていないかの確認が義務付けられました。そのため、消費者金融で借りる時、借入希望額が50万円を超える場合や、すでに他社で借入が有る時は、その借入残高と合わせて100万円を超える場合は、収入証明書類の提出をして確認する事になります。言い換えると、借入希望額が50万円以下の場合や他社借入が有っても、その借入残高と借入希望額を合わせた合計金額が100万円以下の場合は不要になります。

 

ちなみに、他社借入とは他社消費者金融やクレジットカードで借入をしている金額の事で、消費者金融で借入を申込む時は、マイホームローンやマイカーローンなどはこの借入残高に含めなくても良い事になっています。

 

銀行カードローンは独自で設定

銀行カードローンは、総量規制の対象外になるので、年収による制限はありません。ですから、銀行カードローンの場合、それぞれの銀行は独自の基準を決めています。

 

たとえば、オリックス銀行カードローンは300万円まで、三菱東京UFJ銀行カードローンは100万円まで、イオン銀行カードローンは30万円までは収入証明書類の提出は原則必要ありません。

 

収入証明書類を提出する事のデメリット

収入証明不要のカードローンの場合、一見、面倒な書類を用意する手間が省けるので、申込みが簡単に申込めるといいうイメージがあります。特に専業主婦のような給与所得を得ていない人が申込をしても、収入証明書類の提出は不要なので専業主婦に適したカードローンと言えます。

 

また、一般的に、銀行系カードローンは、消費者金融系のカードローンと比較して、審査が厳しいため、審査にかかる時間が長くなったり、口座開設が必要になったりして借入までの時間がかかります。もし、早急にお金が必要になり、収入証明の入手が容易な場合は、審査時間の短い消費者金融のキャッシングを申込む事を検討する方がよいかもしれません。

 

即日融資は収入証明不要の範囲で

「今すぐお金が必要」と言うような場合、収入証明書類が必要になる借入金額を希望すると、書類の準備だけで時間がかかってしまい、今日中に借入するという事が出来なくなります。

 

そんな場合は、まず借入希望額を収入証明不要の範囲で申込む事です。

 

たとえば、消費者金融の即日融資で借りる時は、借入希望額を50万円以下にすれば、収入証明書類は不要なので、審査さえ通れば今日中にお金が借りられます。

 

借入希望額が50万円以下では足らない、と思う人もいますが、実際のところ初回の借入限度額は50万円以下になる場合がほとんどなので、収入証明書類が必要になる借入希望額にしても減額されてしまいます。

 

とりあえずは50万円以下の借入希望額にしておけば、審査はスムーズに流れます。先でこの限度額では足らないと思った時は、増額申請で限度額を増やす事が出来るので、まずは収入証明不要の限度額で申込む事をおすすめします。