お金を借りる

お金を借りる方法をまとめてみました!

お金を借りる方法で、もっとも手軽に借りられるのは、身内や友人から借りる、カードローンでお金を借りるといった方法があります。さらに公的機関にも融資制度が有り、条件さえ揃えば低金利でお金が借りられます。

 

 

このように、お金を借りる方法はいくらでもありますが、それぞれにデメリットがあります。中でも身内や知人にお金を借りる事は、相手に迷惑を掛けてしまう事も少なくありません。

 

人に迷惑をかけ無いためには、カードローンを利用する事をおすすめします。

 

カードローンは消費者金融や信販会社、銀行で申込が出来ます。なぜカードローンをおすすめするか、お金を借りる事で発生するデメリットなどを比較してみたいと思います。

 

 

≪目次≫

  1. 国からお金を借りる
  2. 年金でお金を借りる
  3. 銀行でお金を借りる
  4. 農協でお金を借りる
  5. 消費者金融でお金を借りる
  6. 無職でお金を借りる
  7. 担保を入れてお金を借りる
  8. 彼女にお金を借りる
  9. 子供にお金を借りる
  10. 友達にお金を借りる
  11. 即日融資でお金を借りる
  12. プロミスの即日融資
  13. アコムの即日融資
  14. モビットの即日融資
  15. まとめ

 

国からお金を借りる

国の融資制度に、市町村役場の社会福祉協議会を介しておこなっている「総合支援資金貸付」という貸付制度があります。

 

融資対象になるのは、生活資金を他から借りることが出来ない低所得者世帯、身体障碍者手帳や療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている障害者世帯のかたや、満65歳以上の高齢者と同居している高齢者世帯が利用できます。

 

総合支援資金は、収入がなく、家賃も払えない状態の人に、生活立て直しのための資金を貸出す制度で、3種類に分かれています。

 

  1. 生活支援費

    生活再建までの間に必要な生活費用として、単身世帯の場合は月15万円以内、2人以上の世帯は月20万円までを3カ月から最長1年間借りることが出来ます。

  2.  

  3. 住宅入居費

    賃貸契約を結ぶための敷金や礼金など40万円まで借りられます。

  4.  

  5. 一時生活再建費

    生活を再建するために一時的に必要な費用で、なおかつ、通常の生活費の範囲内でまかなう事が困難な費用(たとえば公共料金の滞納費用や債務整理をするための必要な経費など)で60万円以内が1活借入出来ます。

 

申込条件

  • 本人確認が出来る事
  • 返済できるだけの収入がある方
  • 住居がある方
  • 多重債務を抱えていいない方

申込は市町村社会福祉協議会で申込ができますが、申込者の返済能力が審査されます。

 

申込できない方
  • 雇用保険受給資格のある方(受給までの待機期間中の人も含まれます)
  • 現在雇用保険の失業者給付を受給している方
  • 現在就職安定資金等を利用している方
  • 現在老齢年金の受給をしている方

というような方は申込できません。

 

貸付条件は連帯保障人を立てれば、無利子ですが連帯保証人がない場合は1.5%の金利が必要で、融資限度額は数万円から最大580万円まで可能です。融資までに、最低1か月必要で、審査そのものはかなり厳しい審査のようです。

 

また、貸付である以上は返済をしていく必要があるので一定の返済能力があるかどうかについても問われます。他に複数の借金を抱えている状況なら、まずは債務整理をしてからという事になるでしょう。ですから、すでに民間のカードローンや消費者金融等で多額の借入残高があり、どうしようもないという人が、生活福祉資金貸付制度を再建のための借り換えとして利用する事はできません。

 

また、申込が出来たとしても融資が受けられるのは最低でも1カ月以上必要なので、今すぐ資金が必要と言う場合は間に合いません。

 

年金でお金を借りる

現役生活も終わり、年金生活が始まるという方が増えています。この頃になると、リフォームにお金が必要になったり、家族の中で闘病生活をしなければならなくなったりと、思った以上にお金が必要になる事が増えてきます。

 

十分な蓄えがあれば何の問題もありませんが、お金を借りなければならないという場合、2つの方法が有ります。

 

  • 「年金担保貸付事業」でお金を借りる

    「年金担保貸付事業」は年金を担保にして「独立行政法人 福祉医療機構」と「日本政策金融公庫」でお金が借りられます。

     

    融資限度額は10万円~200万円までで、受給している年金の年額の0.8倍以内の範囲内になります。利用目的は、保健医療や住宅改修、介護福祉、教育などの利用目的が基本ですが、該当する項目がない場合は「臨時生活資金」という形で上限は100万円まで借りられます。返済額については、1回の年金支給額の1/3以下で下限は1万円となっています。

     

    借入条件は連帯保証人が必要で、保証人が建てられない場合は別途保証料が必要になるのがデメリットと言えるでしょう。

  •  

  • リバースモーゲージローンでお金を借りる

    リバースモーゲージローンは、持ち家を手放すことなく、その資産価値を利用して、お金を借りる方法です。

     

    一般的なリバースモーゲージローンは、持ち家を担保にして、その持ち家の資産価値の範囲内で借入が可能になります。生存中は元金返済の義務はなく、ローン契約者がお亡くなりになれた時に貸し手(銀行)が担保である持ち家を売却するなどしてご返済する方法です。

     

    担保になる不動産は家や土地になりますが、実は住宅自体は年数が経過している為、ほとんど評価が付かない事が多く、借りられる限度額は、土地の評価額だけになる事が多いようです。

 

銀行でお金を借りる

マイホームローンやマイカーローン、教育資金など、お金を借りると言えば銀行を思いつきます。

 

ただ、これらの金融商品は基本的に担保や保証人が必要になる事や、高額融資になるため厳しい審査があり、融資されたお金が一度に振り込まれるので後は返済を続けるだけになります。

 

追加融資をして貰うには改めて審査を受ける必要が有り、改めて担保設定や保証人を用意する必要が有ります。

 

銀行には目的ローン以外にカードローンと言った商品があります。カードローンの利用目的は何にでも使えますし、申込には担保や保証人をよういする必要はありません。銀行カードローンは総量規制の対象外になるので、融資限度額は年収による制限は受けないので、800万円、1千万円といった高額融資も可能です。

 

ただ、銀行カードローンは申込をした銀行に口座を持っていなければならないところも多いので、口座がなければ即日融資が出来ない事や、消費者金融に比べて金利は低いのですが、そのぶん審査が厳しくなる、というのがデメリットです。

 

農協でお金を借りる

テレビCMなどでよく見かける「JAバンク」というのがあります。JAバンクとは農協が母体の金融機関で、銀行と同様にさまざまな金融商品があります。一般的な住宅ローンやマイカーローン、教育ローン、地域によってはカードローンも取り扱っているJAバンクもあります。

 

お金を借りる時は、農業協同組合従事者が利用する農協融資があります。農協融資は農業にしている人、またはこれから農業を始める人が対象で、農業支援を目的とした融資制度です。具体的な農業の経営計画を提示し、市町村から農業従事者として認められた場合、農協から低金利でお金を借りられるようになります。

 

また農協にもカードローンがあり、申込はインターネットを使った申込みが可能なので、24時間いつでも受付をしています。農協カードローンは都道府県ごとで名前の違いや、融資条件に違いが有るので、カードローンを利用する前に確認する必要があります。

 

JAワイドカードローンの基本的な利用条件は、

  • JA組合員であること
  • 年齢が20歳~65歳未満
  • 原則として前年度の税込み収入が200万円以上あること
  • JAが指定する保証機関の保証が受けられるかた
  • 農業に従事して1年以上のかた

となっており申込先で融資限度額や金利も地域によって違いがあります。

 

農協カードローンのデメリットは、全国どこでも同じと言うわけではなく、ローンによって取り扱いしていない商品もあるので、自分の地域で取り扱っている商品なのかを事前に調べておく必要が有ります。

 

農協ローンももちろん審査が有りますが、農協の場合は銀行以上に時間がかかり、融資を受けるまでに数日から1週間以上必要なので、生活費を今日中に借りたいという場合は利用できません。また、申込はインターネットから出来るのですが、この場合は仮申し込みになり、契約手続きの為に別途店舗へ行く必要が有ります。

 

消費者金融でお金を借りる

キャッシングといえば消費者金融を思い浮かべますが、銀行の目的ローンと違うのは、無担保でお金が借りられるという違いがあります。また、銀行の金融商品の住宅ローンなどの目的ローンでお金を借りる場合は、多くの書類や担保、保証人を用意し、借りられるかどうかの審査結果が出るのにそうとうな時間が必要です。

 

銀行カードローンには目的商品以外にカードローンというような小口融資も利用できます。銀行カードローンなら低金利でお金が借りられるので、できれば利用したいと思う方も少なくありませんが、それ以上に消費者金融に人気があるのは、「すぐにお金が借りられる」「銀行に比べて審査が通りやすい」というところにあるようで、日常生活で一時的にお金を借りたいときなど、急を要する場合でもすぐに借りられるというところにあります。

 

消費者金融のキャッシングは本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)だけあればすぐに申込ができます。大手消費者金融はすべてが即日融資に対応していて、申込時間によっては申込をしたその日にお金が借りられます。消費者金融のデメリットと言えば、年収がなければ借りられない事や銀行カードローンに比べて審査は通りやすいですが、そのリスクを解消するために少し高い金利設定になっています。

 

無職でお金を借りる

基本的にお金を借りる時は、返済出来なければお金を借りる事は出来ません。

 

しかし、学生や専業主婦と言うような無職の方がおられますが、決して借れないわけではありません。

 

無職の学生の場合

学生の場合は、アルバイトをしていれば、消費者金融でも銀行カードローンでもお金を借りる事が出来ます。

 

しかし、アルバイトをしていない無収入の学生の場合は、親の同意が必要ですが一部の銀行カードローンで借りる事が出来ます。

 

専業主婦の場合

消費者金融で借りる場合は、年収がなければ借りられない場合がほとんどですが、それ以外に借りられる消費者金融に「配偶者貸付」を取り入れている中小消費者金融なら借りられる可能性が有ります。ただし、配偶者の同意を得なければならないので「主人に内緒で」という借り方は出来ません。

 

無職の専業主婦がお金を借りる方法として、本人に収入がない場合、配偶者に収入が有れば銀行カードローンで融資が受けられます。ただし、どこの銀行でもと言うわけにはいきませんが、専業主婦専用のカードローンが用意されている銀行なら融資を受ける事が可能です。

 

無職でお金を借りる時、デメリットになるのは、融資限度額が低い事と、審査に時間がかかる場合が多いですし、何より審査が厳しいという点が考えられます。

 

担保を入れてお金を借りる

担保として利用できるのは、土地や建物、車、預金などが担保として利用できます。銀行などでお金を借りる時、担保や保証人を付けなければならない事が多く、住宅ローンの場合は、土地や建物を担保にしなければなりませんし、マイカーローンの場合も車を担保にしてお金を借りるのが一般的です。

 

担保の提供や保証人を付ける借り方は、カードローンよりもさらに低金利で高額融資が受けられます。

 

ただ、土地や建物を担保にしてお金を借りて、返済が出来なければ、債務者はその不動産を売却して(あるいは、他の方法で)返済をしなければなりません。それをいつまでも拒んでいると、強制競売となってしまいます。強制競売はたいていの場合、高く売れないので自分で売却したほうがまだよいのですが、担保にしていた不動産が、事業に関係するものだった場合困ることになります。

 

また、担保にした不動産の価値が下がるというリスクがあります。土地や建物の値段は一定ではなく、時勢によって上下するので、担保の価値が著しく下がったときは、追加担保が必要となる事もあります。

 

彼女にお金を借りる

お金を借りたい時、親や友人に言い出せない時、頼りにしがちなのが彼女(彼氏)といった恋人の存在です。

 

急な出費などが有った時、つい頼ってしまうのが、彼女や彼氏と言う人も少なくありません。しかし、結論から言うと、彼女や彼氏からお金を借りる事は出来るだけ避けましょう。その理由は、お金にだらしない人だと思われてしまうという事で、「この人と付き合っても大丈夫?」というような不安感や不信感を与えてしまいます。

 

「お金を貸してほしい」と言われれば、むげに断ることもできないので、しかたなく貸してしまう事がありますが、やがて「この人はお金にだらしがない人」と思われてしまいます。もし結婚までを考えている相手なら、お金の相談は慎重に行いましょう。

 

また、一度貸してしまうと、当てにしてしまい、お金が必要なった時は、簡単に貸してもらえるものと考えてしまいます。それが何度も続き、万が一貸したお金の返済が出来なかった時は大きな問題になります。信用してお金を貸してくれたにもかかわらず、相手の思いを踏みにじる結果になり、信頼関係もあっという間に崩れてしまいます。

 

「借りたお金は絶対返すから大丈夫」と思ってお金を借りるわけですが、万が一返せなかった場合は感情論になってしまい、相手と別れる事になったりさらに大きな問題に発展します。そうならない為にも、お金を借りたい時は彼女(彼氏)に頼らず、キャッシングなどの利用をおすすめします。

 

キャッシングは、自分の責任でお金を借りるので人に迷惑を掛ける事もありません。

 

子供にお金を借りる

「お金貸してほしい」と、突然親から言われたらどんな気分になるのでしょう。おそらく、友達から言われるよりもっと気分が悪いと思います。

 

親からお金を貸してと言われたことがある人は、友達からの借金の要請に比べるとかなり低いようですが、それでも「親にずっとお金を貸している」という話はあります。一般的に考えて、どうして親が子どもに「お金を貸して」と言って来るのか、理由によっては、子供たちの判断も変わって来ます。

 

最初で最後のような案件であれば、貸しても良いと思いますが、問題は、ちょくちょく「お金を貸して」と言って来る場合です。この場合、親の方は「お金を借りる時は、子供に頼めばなんとかしてくれる」というように思ってしまっている事が多いので、断り切れない場合も多いようです。

 

だからといって、親子だからお金の貸し借りがあっても不自然ではないという事はありません。出来ればこのような親子関係から脱出したいと思うでしょうし、親の事を考えてもこのような状態は良いとは言えません。また、子供である私たちも自分たちの生活や将来設計があるのですから、このままずるずるお金を貸すことはできません。一度貸してしまうとなかなか断り切れないものですが、これを解決する方法は、冷たいようですが、一度借金の要請は断るようにしましょう。

 

お金を借りる方法は子供に頼らなくても、いくらでも方法はあります。カードローンなどを利用するつもりなら、今すぐお金が必要と言う場合でも借りられますし、保証人や担保を付ける必要もなく、審査に通ればすぐにお金が借りられます。親が再度借入を申込んできたときは、キャッシングの利用を提言してみてはどうでしょうか。

 

友達にお金を借りる

友人や知り合いなどからお金を借りる方法は、一見手軽に見えます。でも、こうした身近な人からお金を借りるというのは、できるだけ避けたい方法です。

 

その理由は、

 

 

「友達だから貸したくない」という人が多い。

 

借りる方は「友達なんだから貸してくれてもいいじゃない」と思うかもしれませんが、貸す方は「友達だからこそ貸したくない」と思う意見が少なくありません。友達であっても他人にお金を貸すことを極端に嫌う人は多いです。


 

 

貸した方と借りた方の思いが違い過ぎる。

 

借りた方は「友達だから」と案外軽く考える人が多いようです。逆に貸した方は「1日でも早く返してほしい」と思うし、貸した事を覚えているものです。返済が遅れると、貸した方の不満は貯まります。


 

 

お金の貸し借りで関係が不安定になる

 

友達という関係から法律的に言うと、債権者と債務者という関係になります。


 

 

このような状況が続くと、借金が原因で友人関係が壊れてしまい、ついには喧嘩となってしまった。という事も良くある話です。身近であるからこそ発生するトラブルも多いといえるのが、家族、兄弟、友達との間でお金の貸し借りをする事です。

 

お金を借りる時は、出来るだけ友達や身内に頼む事は避けましょう。折角築き上げた人間関係がすべて崩れてしまいます。

 

お金を借りたい時は、キャッシングで借りるのもひとつの方法です。キャッシングは、自分の責任だけでお金が借りられますし、人に迷惑を掛ける事はありません。

 

即日融資でお金を借りる

これまで、述べてきた「お金を借りる」事については、それぞれにデメリットがあります。キャッシングはこのようなデメリットをすべて解消してお金が借りられます。

 

キャッシングのメリット

消費者金融でお金を借りるメリットは、

  • 契約は無担保・無保証で借りられるので、担保設定や保証人が不要。
  • 最短契約をしたその日にお金が借りられる。
  • 平日以外の土日や祝日でも契約ができる。
  • 限度額の範囲内であれば何度でもお金が借りられる。
  • 利用目的がないので、何にでも使える。

といった多くのメリットが有り、急を要するお金でもすぐに借りられますし、無担保・無保証なので身内や、知人などに保証人を頼む必要もありません。基本的にキャッシングは、自分の責任において利用する者なので、トラブルが有っても影響するのは自分だけです。

 

消費者金融系でキャッシング

消費者金融系は、キャッシングと言えば消費者金融と言われるように、キャッシングに特化しているため、これまでのデータやノウハウ、システムをもっています。そのため、大手消費者金融はすべてが即日融資に対応していて、申込方法や時間帯によっては、申込をしたその日にお金が借りられる即日融資が可能です。

 

大手消費者金融と呼ばれるのは「プロミス」や「アコム」「モビット」「アイフル」などが大手消費者金融になります。即日融資の申込方法や借入方法は基本的にそれほど変わりが有りませんが、いくらかの違いが有ります。

 

プロミスの即日融資

「プロミス」の申込方法は、数多く用意されているので、自分の環境に合わせて申込が出来ます。中でも「WEB契約」は申込から借入まで、すべてがインターネット上で行われるの、口コミなどでも人気のある申込方法です。

 

WEB契約には3つのメリットがあります。

郵送物なしで契約できる

お金を借りているという事を、郵送物で家族にバレてしまう事があります。WEB契約は、郵送物なしで契約出来ます。カード発行で「郵送希望なし」を選ぶと、カードは自動契約機から受け取れます。

 

取引履歴や各種設定の変更などすべてが、会員サービスから行えるので、書類の発送は一切ありません。

 

「誰にも知られずに融資を受けたい」という人は、WEB契約を選びましょう。

 

最短30分の審査回答

WEB契約での申込みを選べば、現金を受け取るまでの時間が最も早い、というメリットがあります。 「今日中にどうしてもお金が必要」という時は、いかに早く審査を終えるかが重要になりますが、 WEB契約なら、書類の郵送なども必要ありませんので、申込手続が完了すれば、すぐに審査を開始してもらえます。

 

「プロミス」は、最短30分で審査結果の回答をすると説明していますので、申込みから利用開始まで、早ければ約1時間程度で終わるので、平日の午後2時までに契約が終われば指定口座へ振り込みをして貰えます。急ぎで融資が必要な時は、WEB契約がおすすめです。

 

書類の提出はアップロードだけ

「プロミス」のWEB契約の申込方法で、書類の提出方法が分からない、という方もいるようですが、審査に必要な本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)を提出する方法はいたって簡単で、電子メールやアプリを利用すれば簡単に送る事が出来ます。

 

事前に運転免許証や健康保険証をスキャナか携帯カメラで画像保存しておき、その画像データをメールに添付して、プロミスに送付するという方法です。スマホをお持ちの方はスマホアプリがあるので、それを利用すれば簡単に送信できます。

 

このように、プロミスの申込方法に「WEB契約」を選べば、スピーディーで、誰にも知られずにキャッシングが始められようになります。プロミスで申し込むときは「WEB契約」をおすすめします。

 

アコムの即日融資

「アコム」もインターネット契約が可能で、インターネット契約なら24時間いつでも受付が可能で、わざわざ店舗へ出向く必要がなく、店舗へ出入りするのを見られたくない女性にとって人気のある申込方法となっています。

 

申込手順

インターネット申込は24時間いつでも可能で、パソコンやスマホを使い「アコム」のホームページにある「今すぐお申込み」アイコンから入ります。次のページで個人情報の取り扱いや甲府書面の受け取り方法を確認し、「お客さま情報」を間違いのないように、すべての項目を入力します。入力が完了したら内容確認を済ませ、送信するだけです。

 

ここで注意が必要なのは、面倒ですが入力漏れや入力ミスがないか、慌てずに時間をかけて確認する事がポイントです。

 

連絡が入り次第書類の提出をする

審査手続きが完了したあとは、申込み内容の確認の電話、またはメールを待ちます。この電話とメールは審査通過ではなく、申込みの意思確認となります。意思確認の連絡が翌日までなかった場合は、こちらからフリーコールを使って確認する必要があります。

 

連絡を受けた後は、メールに記載されたURLからログインし「「本人確認書類等のご提出方法」からご都合に合った方法でご提出します。インターネット契約が便利なのは、パソコンやスマホから簡単に送れるという事で、スマホなら専用アプリを使うか、パソコンならアップロードで簡単に送信できます。尚、必要書類は事前に用意しておくと手続きがスムーズに流れます。

 

審査結果を待って契約完了

あとはアコムからの連絡を待つだけです。連絡はメールでの案内で、審査の混み具合によりますが、書類審査や在籍確認などが終了するのに最短で30分前後で終了します。審査に落ちてしまった場合は、申込みをすることが出来ませんが、審査に通過した場合は、契約の手続きになります。

 

無事、審査を通過したら契約内容の確認を行って下さい。契約はメールを受信したその日の22.00までに手続きを完了する必要がありますが、即日融資で借りる時は、平日の14:00までに契約が完了すれば、当日中に振込してもらえます。これを確認して問題なければ契約完了となり、カードの受け取りを自宅へ郵送か、むじんくんから受け取るかを選んで完了です。

 

モビットの即日融資

モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融「株式会社モビット」の商品で、三井住友銀行グループの傘下と言っても消費者金融になります。

 

「モビット」の申込は、満20歳以上69歳以下の方で安定収入があれば、正社員だけで無く、パートやアルバイト、派遣社員、自営業でも申込が出来ます。

 

WEB完結申込がおすすめ

「モビット」の申込方法で、「WEB完結申込」と言うのが有ります。

 

WEB完結申込から申込をすると、申込みから融資までのすべての手続きが、ホームページ上で完結させることができます。「WEB完結申込」は来店不要で、会社への電話連絡なし、その上、郵便物が自宅に届く心配も無いという事から、口コミなどでも人気のある申込方法です。

 

「WEB完結申込」で契約するためにはいくつかの利用条件があります。

  • 三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を事前に持っている方
  • 健康保険証が社会保険証もしくは組合保険証の方。

となっているので、国民健康保険の方は申込出来ません。国民健康保険の方は「カード申込」からになります。

 

WEB完結で当日振り込みをしてもらうには

三井住友銀行、もしくは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている事が前提で、14:50までに振込手続きを完了していれば、当日の振り込みが可能です。この時間に間に合えば、ローンカードを待たずに、振込手続きでのキャッシングができます。※ただし、審査結果によっては利用できない事もあります。

 

当日中にどうしてもお金が必要という人は、早めの申込みをしておく事で、出来れば前日の夜に、申込を済ませておく事がポイントです。

 

WEB完結のメリットは会社への電話連絡がない

「キャッシングを利用したいけれど、会社へ電話がかかってくるのが困る」という方も少なくありません。「モビット」でも在籍確認はありますが、書類による代替えで在籍確認が行われるため、会社への電話連絡はありません。

 

WEB完結の提出書類は、本人確認書類の運転免許証やパスポート以外に、源泉徴収票または税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2カ月分の給与明細書のいずれか1点、勤務先を確認するための健康保険証と給与明細書の写しの提出が必要になります。

 

提出書類が少し増えますが「会社への連絡が困る」方も、安心して申込が出来ます。

 

WEB完結なら郵送物がない

「WEB完結」なら、郵送物は一切ありません。どこへキャッシングの申込をしても、インターネットから申込をすれば、契約書類やカードが後日、自宅に郵送されてきます。利用明細などについては、WEB交付を利用すれば郵送の拒否は出来ます。

 

しかし、契約時に郵送物が送られてくる事は避けるのは難しいのですが、「モビット」のWEB完結は、全ての手続きや書類のやり取りはインターネット上済ませるので、書類が送られてくる事は一切ありません。書類が来たために家族にばれるという事は一切ありませんので、「モビット」なら安心して申込が出来ます。

 

まとめ

結論から言えば、お金を借りる時は消費者金融へキャッシングの申込をする事をおすすめします。

 

その理由として、

  1. 公的機関へ申込むと多くの書類を用意する必要が有ったり、申込条件が厳しかったり、融資までに時間がかかる。
  2.  

  3. 銀行の金融商品などを利用する時は、担保や保証人が必要になる場合も多く、審査が厳しいため融資実行までに時間がかかる。
  4.  

  5. 銀行カードローンは低金利で借りられますが、消費者金融に比べて審査が厳しく、ある程度のステータスが求められる。また即日融資に対応している銀行カードローンはまだまだ少ないので、申込先が限られてしまう。
  6.  

  7. ④身内や友人などにお金を借りると、それが原因で人間関係に亀裂が入ったり、トラブルになったりする事も少なくない。

 

お金を借りる方法はこのように様々な方法がありますが、どれをとってもデメリットがあります。

 

消費者金融のキャッシングをすすめる理由は
  1. 申込は本人確認書類(運転免許証や健康保険証、パスポートなど)があれば簡単に申込が出来る。
  2.  

  3. 原則キャッシングは無担保・無保証になので人に保証人になってもらう必要はなし。
  4.  

  5. 銀行カードローンは低金利で貸し出すので、そのリスクを回避するため審査は厳しい。消費者金融は銀行と比べて金利が少し割高になるものの、審査通過率が高いので、貸してもらいやすいというメリットあり。
  6.  

  7. 大手消費者金融ならすべてが即日融資に対応しているので、申込をした当日にお金が借りられるという利便性に優れている。
  8.  

  9. キャッシングは自己責任でお金を借りるので、身内や友人に迷惑を掛ける事もなし。

 

このように、お金を借りるという事は、借り方によってデメリットを伴いますが、消費者金融のキャッシングはデメリットになる要素がほとんどありません。最近の消費者金融は、銀行グループの傘下に入って事業を行っているところがほとんどで、安心感や安全性でも何の問題もありません。